環境保全型の米作り 「コア・フード米」と「エコ・チャレンジ米」
日本では近代になって、米の生産性を上げるため化学合成農薬や化学肥料を使った栽培方法が主流となってきました。「日本の米作りは、このままでいいのか」そんな思いで、パルシステムと生産者は、できる限り化学合成農薬や化学肥料に頼らない環境保全型の米作りに取り組んできました。